書籍詳細

平成24年10月1日施行の改正法に対応
わかりやすい改正労働者派遣法の解説 
労働法令協会 編  
発行年月:  平成25年1月  
A5判  318ページ 価格:1,944 円(税込) カートに入れる
「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律」が、第180回通常国会において成立し、平成24年4月6日に公布され、同年10月1日(一部は平成27年10月1日)から施行されることになりました。

近年、事業主としての雇用管理が適正になされない日雇労働者の派遣などの社会的に問題のある派遣形態が出てきたり、派遣就業禁止業務への派遣や二重派遣などの法令違反事案が顕在化し、業務停止処分等の行政処分を受ける事案もみられるようになったり、平成20年秋のリーマン・ショック後の雇用情勢の急激な悪化に伴い、労働者派遣契約の中途解除やそれに伴う派遣労働者の解雇等(いわゆる派遣切り)の問題が多く発生したり、様々な問題がみられるようになりました。

そこで、今回、このような事態に対処するため、労働者派遣事業の規制の強化、有期雇用の派遣労働者等の雇用の安定、派遣労働者の待遇の改善、違法派遣に対する迅速・的確な対処等を主眼として、大幅な法律改正が行われたものです。

本書は、このような今回の法改正の内容及びそれを含む労働者派遣法全体の内容について、行政(厚生労働省)の考え方を中心に、細かな規則や指針等の内容も含めわかりやすく解説するとともに、今回の法改正に関連する諸資料をまとめたものです。